患者さまに一番近い存在として寄り添う看護師の仕事

私が小学生の頃、祖父が入院した病院にお見舞いに行く機会があったのですが、そこで医師の先生を見て「すごいなあ」と思ったことを覚えています。同時に、細かなケアをしてくれる看護師という存在を知り、それが医療現場の仕事に興味を持つきっかけになりました。その後、将来の進路を決める際には医療関連の道に進むことを決めましたが、どういった形で医療に関わっていきたいかということを深く考えたんです。そこで出した答えが、一番患者さまに近い場所で寄り添う存在である看護師の道でした。
職場として東京歯科大学市川総合病院を選んだのは、この病院が都心に近い千葉県市川市に立地していることが一つの大きな要因になっています。群馬県で育った私にとって、地域に密着した職場環境には親近感を感じましたし、また都心にもアクセスしやすい利便性の良さにも魅力に感じました。もう一つの要因は、教育体制がしっかりと整備されていることでした。ほかの病院に比べて研修も多いですし、資格取得や院外研修参加に関するサポート体制も充実している。この環境であれば、自分が理想とする看護師になるためのスキルアップができると思い、入職を決めました。

患者さま、ご家族に寄り添い、不安を和らげる看護を目指す

入職当初、私は脳神経外科の分野で看護に携わりたいと考えていたので、脳外科病棟への配属を希望していました。しかし、実際に配属されたのはICU。希望とは違いましたが、急性期の脳神経外科領域を志していた私にとって、多くの患者さまを看ることができる集中治療室に配属されたことは、とてもありがたいことだったと今では感じています。
現在は、脳神経外科の領域ではなく、救急看護領域の認定看護師を目指したいと思っています。ICUという環境では、毎日患者さまが入れ替わり、さまざまな疾患をカバーしなければならないので、基礎知識のみで現場の知識がまったくない状態だった1年目はとても苦労しました。そのかわり、勉強する意欲さえあれば身につくことも多く、看護師として大きくステップアップできる環境だと、私は思います。
急性期の看護においては、患者さまはもちろんのこと、そのご家族との関わりが非常に重要になります。ほかの病棟も同様かもしれませんが、「集中治療室」という言葉だけで不安を感じる方々は少なくありません。この環境で、患者さまやご家族に寄り添う仕事を担いながら、人との関わりを大切にする看護師へと成長したい。それが私の目標なんです。

毎日変わる患者さま、さまざまな疾患への対応など、ICUでの仕事には難しさもありますが、それだけに感謝の言葉をいただいた際などにはやりがいの大きさも実感できます。