経験を積んだ後にこそ、進むべき道も見えてくる

私が皮膚・排泄ケアの認定看護師資格を取得したのは、入職15年目のときでした。当時私は、病棟の看護師として人工肛門を造設した患者さまを担当していたのですが、その患者さまに適切な装具を選んで差し上げることができず、皮膚のトラブルを引き起こしてしまったことがありました。そのときに感じたのは、一定の経験を持つ看護師の私がどんなに頑張っても、深い知識がなければ患者さまを普通の生活に戻せないこともある、ということでした。一通りの知識を学んでいる看護師でも、特化した知識がないと「なぜうまくいかないのか」ということがわからないことに気づいたんです。その出来事がきっかけとなって、もっと勉強しなければと決意し、創傷やストーマ(人工肛門・人工膀胱)、失禁という専門領域の深い知識を有する認定看護師を目指そうと思いました。
入職から15年目で資格取得にチャレンジして感じたのは、段階を踏んでいろいろな看護の形を経験してから、進むべき道を決めることのメリットでした。経験を積む中で、偏らずにさまざまな看護に取り組むことで、自分が何に向いているか、自分はどんな道を進むべきかが見えていたということです。これは経験を積まなければわからなかったことだと思っています。

この領域の看護をより充実させるために実現したいこと

現在は、創傷、ストーマ、失禁に関する領域の専任として仕事をさせてもらっています。2年前までは病棟に所属する看護師として勤務しながら、その領域の疾患で苦しむ患者さまのケアをしていましたが、今は看護部に所属して院内を横断的に担当しながら、トラブルを抱える患者さまのケア、そしてケアの方法で困っている看護師のサポートを行っています。
今後のことについて考えているのは、創傷や皮膚のトラブルに関する専門的な知識を持つ仲間を増やしていくということ。この領域はとても広いので、看護を充実させるためにはより多くの仲間と取り組まなければなりませんし、予防に対する意識が高まれば患者さまの苦しみも取り除けます。実際に、院内の教育活動にも取り組みながら、より良い環境をつくるための取り組みも続けています。
そんな私の想いは、当院なら実現できると思っています。看護師に意欲があれば、自由にチャレンジさせてもらえる、目標を達成するために必要な後押しをしてくれる雰囲気や制度が整っているのが、この市川総合病院の魅力です。資格取得に関しても、金銭的な面はもちろん、勤務体制面のサポートもしっかりしていますので、これから入職する方々にも積極的に取り組んでいただきたいですね。

看護師として大事なのは、くじけずに続けていくことだと思います。元気に続けることで、仕事の面白さや極めたい看護の領域なども見えてくるはずです。