PNSによる安全・安心な看護と理想の看護師像が決め手になりました

私が当院を選んだ理由は2つあります。1つ目は学生時代に当院で成人急性期の実習をした際の指導者が、看護の根拠1つ1つを丁寧に教えてくれたことが印象的だったからです。常に根拠をもって丁寧に患者さんに接している姿が自分の理想の看護師像だと感じました。2つ目はPNS制度に魅力を感じたからです。新人は先輩とペアを組み仕事できることは知識・技術の勉強にもなります。また常にダブルチェックでき、PNSで看護を提供することは患者さんにとっても安心できる制度だと思ったからです。

自分のペースを保ちながら進んでいます

PNSは新人の私にとって日々の業務の中で多くのことを学べる制度であると実感しています。様々な先輩とペアを組み、業務を行うことは知識や技術を学ぶだけでなく、患者さんへの声のかけ方や想いを傾聴する姿も見ることができ、患者さんと向き合う姿勢も学び得ると感じています。また、新人研修は充実しており、バイタル測定から採血・点滴など実践を想定した研修が多くあり、実際の看護に生かすことができています。グループワークでの振り返りは同期と近況を話す機会となり精神的な息抜きになっています。夜勤に関しても個々のペースに合わせて導入されるため、負担なく生活リズムを整えることができます。

患者さんの思いに寄り添い、また一歩前進

私の働いている病棟では気管切開や舌の手術を受けた患者さんがいます。手術後の患者さんは思う様に話せないことや経口摂取が出来ないことから表情が硬くなり、イライラされている場面を多く目にします。そのような時にホワイトボードを用いて患者さんの気持ちを確認することで、食事摂取や苦痛の軽減などの関わりができ、患者さんの表情が徐々に柔らかくなるのを感じました。自分の関わりが患者さんの気持ちに寄り添うことに繋がったことがとても嬉しかったです。

先輩に追いつき、追い越したい

根拠をもった看護が提供できるように正確な知識と技術を身に着けた看護師になることが目標です。そのためには疾患や技術について深く学び、患者さん一人ひとりに個別性のある看護が提供できるようなアセスメント能力が必要だと思っています。今後は看護の基礎技術や疾患の知識を日々確実に学びつつ、先輩の姿から患者さんとの向き合い方も積極的に学んでいきたいと考えています。手術や疾患により生活に欠かすことのできない「食べること」や「話すこと」に支障をもち、苦しい状態にある患者さんの想いを聞き出せる先輩達の技術を吸収し、自ら提供できるようになりたいです。

千葉県立保健医療大学
健康科学部看護学科卒