理想の看護師像がここにある

当院を選んだ理由は2つあります。1つ目はPNSという看護提供方式に魅力を感じたからです。先輩とペアになり看護を実践できることは、知識や技術において未熟な新人の頃から、成長できる環境が整っていると感じました。また、実践する看護に疑問や不安を抱えた時にすぐ近くに相談できる先輩がいることで、患者さんにとって安全な看護を提供できます。2つ目は当院での基礎看護学実習で指導者が患者さんに温かい看護を提供する姿に憧れたからです。疾患や患者さんの個別性を理解し、提供する看護に根拠を持ち丁寧に患者さんに接する姿は、今でも自分の理想の看護師像となっています。

ココロも育む

実際に働いてみて、PNSは1年目の私にとって知識や技術だけでなく、たくさんのことを吸収できると改めて実感しています。色々な先輩とペアを組む機会があるため、1人1人の先輩から日々学んだことを自分の看護に取り入れられるのはPNSの強みだと感じています。また、研修も充実しており、理学療法士による移乗・移送、歯科衛生士による口腔ケア、臨床工学士による医療機器操作など多職種から講義を受けています。さらに、点滴や採血など看護技術の演習も多く、実際を想定した内容であるため日々の看護に活かせています。また、リフレッシュ研修や振り返りのグループワークでは他病棟の同期と話して、その時期の辛いことを共有でき、新人教育担当看護師にも悩みを相談できるため精神的なフォローがあることも当院を選んで良かったと感じています。

苦手を克服して更に前進

今は、一つ一つ確実にできる技術が増え、培った技術で患者さんに看護を提供できた時が嬉しいです。小児科では、呼吸器疾患で入院する患児に吸引をすることがあります。初めて吸引した時は、吸引チューブが鼻腔の奥まで入らずに苦手としていましたが、先輩にコツを教えてもらいできるようになりました。吸引を嫌がり泣きながら頑張った後に、患児から「すっきりした」と言ってもらえた時は、患児にとって辛い処置だろうけれど呼吸が安楽になって良かった、技術を活かせて嬉しいと感じました。

先輩に追いつけ、そして追い越せ

今後は、探求心を持って患者さんにとって最善の看護を考え、丁寧に提供できる看護師になりたいです。そのためには、基本的な知識と技術はもちろん、疾患について深く学びアセスメントする能力が不可欠だと考えます。今は日々の看護において基礎的な部分をしっかりと築き上げていきたいです。また、私の所属している病棟は新生児期から高齢者まで幅広い年代の患者さんが入院されます。患者さんの発達段階を考えた上で笑顔で丁寧な関わりを心掛けていきたいです。病棟の先輩は知識、技術や患者さんへの接し方から尊敬できる先輩ばかりであり、何年後かに私も先輩のような看護師になりたいと思い日々励んでいます。

千葉県立保健医療大学健康科学部看護学科卒