新人教育プログラム
看護実践力の高い看護師育成のために、

年間を通じた多彩なプログラムで成長をサポートします。

 市川総合病院では、多くの集合教育と一人ひとりに合わせた現場教育で、新人看護職員の看護実践能力向上をサポート。基本的看護技術・医療機器操作などの研修とあわせ、チェックリストによる技術評価を行いながら「1人でできる」まで丁寧に支援します。多彩な教育プログラムを実施しながら、入職後1年間は、メンターがクリニカルコーチと共に、技術だけではなく精神面でも新人看護師をサポートします。

新人看護職員入職後1年間のスケジュール
  •  
  • 研修プログラム
  • 看護技術トレーニング
  • 実践現場での歩み
  • 4
  • オリエンテーション ● 専門職としての心構え・接遇 ● 医療安全・感染管理・災害対策 ● 看護倫理 ● 褥瘡予防 ● 口腔ケア ● 食事介助
    パートナーシップナーシングシステム ● PNSとPNSマインドⅠ-1
    フィジカルアセスメントⅠ-1 ● バイタルサインとフィジカルアセスメントの基本
    静脈注射看護師育成コース(基礎コース) ● 看護師の責務とリスクマネジメント ● 感染管理-血流感染の原因と防止対策 ● 点滴管理 ● 血管の走行や神経についての基礎知識 ● 当院での使用輸液の知識と取り扱い ● 皮膚トラブル-血管外漏出
  • ● ポジショニング・移乗・移送 ● バイタルサイン測定 ● 酸素療法・口腔、鼻腔内吸引 ● シーツ交換・寝衣交換・陰部洗浄 ● 輸液ポンプ・シリンジポンプ











    ● 点滴管理
  • ● シャドーイング
    先輩看護職員ペアに新人看護職員1名
    担当患者1名
  • 5
  • 糖尿病基本講座 ● 糖尿病患者の看護に必要な基礎知識
    1ヶ月フォローアップ研修 ● 同期の仲間と交流し、不安や悩みを話し合いながらリアリティーショックを乗り越える
  • ● 血糖測定・皮下注射・筋肉内注射 ● 採血 ● 膀胱内留置カテーテル
  • 新人看護職員と先輩看護職員のペア
    新人看護職員ペアに先輩看護職員1名
    担当患者2~4名
    看護師長面談
  • 6
  • 静脈注射看護師育成コース(基礎コース) ● 末梢留置信挿入 ● 循環動態に影響が大きい薬剤、抗血栓薬 ● 麻薬・向精神薬・麻酔薬 ● アナフィラキシーへの対応 ● 輸血管理
    医療安全研修 ● 事例を通して学び防ごう!医療事故
    夜勤導入前研修 ● 報告・連絡・相談 ● 災害時の看護 ● 急変時想定シミュレーションⅠ-1
  • ● 末梢留置針挿入













    ● BLS・AED
  • 担当患者5~8名
    以降徐々に増やす
    遅出勤務開始
  • 7
  • 3か月フォローアップ・リフレッシュ研修 ● 心身共にリフレッシュを図り、同期の仲間と入職後3か月を振り返り、入職後6か月に向けて目標を設定する
  • 夜間勤務シャドーイング(1回)
    夜間勤務メンバー+新人看護職員1名として開始(4回程度)
    夜間勤務担当患者1~2名
  • 8
  • フィジカルアセスメントⅠ-2(気道・呼吸) ● シミュレーターを使って気道と呼吸状態の観察とアセスメントを学ぶ
  • 夜間勤務担当患者徐々に増やす
  • 9
  • フィジカルアセスメントⅠ-3(循環) ● シミュレーターを使って循環動態の観察とアセスメントを学ぶ ● 心電図の見方
  • ● 12誘導心電図装着
  • 看護師長面談
    ラダー評価
  • 10
  • 医療安全研修 ● 医療安全KYT
    6か月フォローアップ研修 ● 入職後経験した看護体験から自己の成長を見出し、6か月後の目標を設定する
    看護過程Ⅰ ● 看護過程の概念・模擬事例の看護過程の展開
  • 11
  • フィジカルアセスメントⅠ-4(中枢神経・体温・外表、腹部) ● シミュレーターを使って中枢神経系、体温および外表、腹部の観察とアセスメントを学ぶ
    静脈注射看護師育成コース(基礎コース) ● 中心静脈カテーテル管理 ● 抗がん剤・生物学的製剤・免疫抑制剤の管理 ● 抗がん剤の取り扱いと投与管理
    パートナーシップナーシングシステム ● PNSマインドⅠ-2
  • 夜間勤務独り立ち徐々に開始
    (夜間帯勤務メンバーの1人)
  • 12
  • 夜間勤務想定シミュレーション研修(多重課題を含む、夜間勤務独り立ち編) ● 夜間帯を想定した場面を通し、観察ポイントや優先順位を理解する
    急変時対応シミュレーション研修Ⅰ-2 ● ABCDEアプローチや気管内挿管の準備と介助方法に身につけ、急変時の初期対応を理解する
  • 夜間帯勤務担当患者徐々に増やす
  • 1
  • 終末期における患者と家族への看護
  • ● エンゼルメイク
  • 受け持ち患者
    軽症から開始
  • 2
  • 看護師長面談
    ラダー評価
  • 3
  • 1年目研修